JR長野駅から徒歩10分。長野バスターミナルから徒歩1分。長野市の法律事務所です。

  • 026-217-6402
  • 【受付時間】月曜日から金曜日[祝日を除く]9:00-17:00
posted / 2016.10.19

【法律】労働審判

未払残業代請求や不当解雇等の労働問題を解決する手続として「労働審判」というものがあります。

労働審判は,名称のとおり審判手続であり,審理の結果,証拠と法律に基づき一定の結論が下されるという点では通常の訴訟と同じです。他方で,労働審判には以下のような特徴があります。

①審理には,裁判官のほか,労使の専門委員(労働審判員)2名が参加する。

②随時に調停手続へ移行し,話し合いによる柔軟な紛争解決が試みられる。

③原則として3回以内の期日で審理が終了する。

労働審判は,通常訴訟に比べ,専門性・迅速性・柔軟性を備えた手続ということができます。実際,多くの事件では,概ね3か月程度の審理期間で和解(調停成立)により解決となっています。